赤ひげ堂の特徴

気功診断とは

赤ひげ堂の治療は、東洋医学的な診断と、気功診断にもとづいておこなわれます。目には見えない、人体を流れる気の状態を診る事によって、自分でも気付いていない、ちょっとした関節のゆがみや内臓の病気、さらには忘れようとしていた悩み事や心の痛みも見えてくるのです。多くの病気は心の問題が体に現れる事によって起こります。

健康に不安のある方、悩みごとのある方は、ぜひこの神秘的な気功診断と、東洋医学的な診断を受けてみて下さい。

赤ひげ堂の「三角相関」による治療

三角相関図

●一切患部に触れずして癒すところに基本があります。
腰痛胸部頭部で癒すことができます。
のツボで癒します。
の痛みやコリは、足首を治療しないと本当の意味で癒りません。
手足の麻痺はの経絡を調整することにより癒ります。
肝臓心臓腎臓胃腸といった内臓の病気の多くは背中のツボ、さらにの経絡の調整で癒っていきます。

これらは「三角相関の原理」にもとづくことによって可能になる、神秘的な治療例のほんの一部です。内臓の病気の反応点であるツボに対して、気功マッサージや気功指圧、そしてはりやお灸をするのです。長い間癒らないからといって悩んだり、諦めてしまう必要は全くないのです。どうぞ一度、気軽にご相談下さい。

お灸や鍼の苦手な方は、初めに言っていただければ、お灸やはりなしでも効果的に治療していきますのでご安心ください。 病院では癒らないといわれている様々な病気や苦痛であっても、経絡が調整されますと驚くべき効果が上がるものです。

例えば・・・ 脳梗塞や頚椎症などによる手足の麻痺やしびれであっても、頭部にあるツボへの治療で驚くべき改善を見ます。 動かない手が挙がるようになる、痺れの消失といったようにです。 飛蚊症などで困っている方も多いようです。この病気は一般の眼科の治療では治らないとされている病気ですが、赤ひげ堂では確実に癒っていきます。(お早めにご相談ください) 一般的な腰痛、肩こりや肩の痛み、スポーツなどで痛めた筋ちがい・肉離れ・捻挫等は、一瞬で消失してしまうことも多く、一回の治療で大きく軽減します。

また、多くのプロの歌手の方々もお見えになりますが、声のトラブルなどでも、癒ってしまうものです。 腰痛、頭痛、腹痛なども、全く関係ないと思われる腕や脚のツボの治療によって、簡単に痛みがとれてしまうものです。

食と健康

現代はメタボリックシンドローム(生活習慣病)という言葉がよくきかれます。食事の内容がいかに大切かということです。 食事療法だけで癒る病気はとても多いのです。

何をどの位、どのように食べたらよいかという食の改善によってメタボリックシンドロームは短期間でよくなっていくものです。 その他あやまった食生活によって病気の危険因子を作り上げている方々に対しての指導もしております。(各疾患に対しての食養生の指導あり)

栄養の過剰と気の滞り

糖尿も肝臓病も実は全く同じ病気です。どうしてかと言いますと糖尿病も肝臓、腎臓、心臓病などの病気の原因はほぼ同じであり、治療での癒し方は一緒。そして、3ヶ月あれば、これらの病気は実に簡単に癒っていくものです。

栄養といわれているものが実は栄養ではなく、実は血液を汚し気を滞らせてしまうだけの食べ物であることが多いのだと気がつくことが病気癒しのポイントなんです。気の滞りは血液の汚れから生じてきます。

心の環境、心の栄養

ストレスの多い社会の中では確かに心の環境は乱される事が多いかもしれません。大切なことは運動やスポーツをまめに行い気分転換をはかること。心の栄養をつけるには自分がしてほしいこと、言ってほしいことをまず相手にしてあげることから始まります。

心も身体も生身(なまみ)なのですから、心の手入れに心がけること。それらは生活の誤りに気づくことでもあります。心や身体に目を向けてみて、間違った考え方と行いを身体から取り除いてあげましょう。

浣腸(腸内洗浄)のすすめ

現代病を克服する最高の方法こそ腸内環境を良くしてあげることであると思います。 腸というものはいわば樹木や野菜などの根っこと同じで、人間の栄養を吸収する場所こそが「腸」そのものなのです。

樹木や野菜に根っこがなかったら成長もできないし、大地からビタミンやミネラルを吸収することができません。 「腸」という根っこがしっかりしていますと、身体は健康なのです。 根っこが栄養を吸収できなければ樹木は枯れてしまう。 「腸」という根っこを枯れさす働きをするのは宿便というものであり、この宿便があらゆる病気の原因となっています。

女性の冷え症、不妊症などは皆この宿便のせいなのです。 宿便のある血管は毛細血管が汚れ詰まって太くなり流れが悪くなってしまっています。 赤ひげ堂では自宅でできる浣腸(腸内洗浄)をおすすめしております。 お気軽にご相談ください。 また血管の様子を観察し、血管の状態を詳しく調べることもできます。 毛細血管だけで全ての内臓をチェックできるのです。